BOSCO プレミアムエキストラバージンオリーブオイルをお試ししました

モラタメさんでBOSCO プレミアムエキストラバージンオリーブオイルを購入しました。早摘みグリーンオリーブで作られた、イタリア産のオリーブオイルです。
熟した実の方が油分が多く、少ない数でたくさんの油を採ることができるそうですが、早摘みはポリフェノールの含有量が多いそう。早摘みで作るオリーブ油はたくさんの実が必要になる分お値段も上がってしまいますが、オリーブ油の効果効能を求めるなら早摘みを選択するのがよさそうですね。

やや緑も入っているような黄色い油はそのまま舐めるとほのかに苦く、でも、ドレッシングなどに使用すると、苦みはあまり目立ちません。使いやすい味わいです。
約6×6×24cmのボトルは持ちやすく、隙間に仕舞いやすいのが嬉しいですね。瓶が細いと空気に触れる部分が少なくなるので、酸化しにくい利点もあるようです。
ピザパンにかけたり、サラダに混ぜたり。生食をお勧めされていますが、炒め物にも使ってしまっています。
炒め物に使っても、味が変わることはないように感じられます。

今日はバターの代わりにトーストに塗って食べたいと思います。

 

生食がおすすめのオリーブ油/BOSCO プレミアムエキストラバージンオリーブオイル

モラタメさんでBOSCO プレミアムエキストラバージンオリーブオイルを購入しました。
油の中でも健康志向なオリーブオイル。オレイン酸やポリフェノール、ビタミンEなど、健康を考える人には当たり前の成分がたっぷり詰まっています。

そういえば以前、フレッシュキープボトルタイプを買ったかも。(→以前の記事
あれは卓上タイプでちょっとかけるだけの時にとても使いやすかったです。
今回のは450gの瓶なので卓上に置くには大きすぎますが、その分たっぷり入っているので測って使うレシピにはこちらが良いかも。

味は、よーく味わいとちょっと苦みを感じるけれど、そんなに気にならない程度。あ。でも飲み込んだ後に喉に刺激があるかも。オリジナルサイトにもスパイシーな味わいと書いてある。胡椒系のピリッとした感じ。でも、以前当たった苦いオリーブ油より全然優しい。あれは舌に広がる苦さだったので、とても生では食べられないと思いました。やっぱりこだわったメーカーのものは食べやすく美味しいんですね。

生食がおすすめとのことですが、ついつい焼く前にかけたり、ピザ生地用に使ってしまいます。生食はS&Bさんのマジックソルトと合わせてサラダにかけるのが今のところ唯一の使い方でしょうか。これは簡単で美味しい。ちなみに今もホームベーカリーでピザ用生地をこねています。

我が家はオリーブ油の成分を摂った方が良い人ばかりなので、もっと活用していきたいと思います。

 

 

 

 

フレッシュキープボトルで酸化防止/日清オイリオグループさんのBOSCOプレミアムエキストラバージンオリーブオイル

モラタメさんでオリーブ油を購入しました。我が家で使うオリーブ油では定番のBOSCO。エキストラバージンなので、精製されていないオリーブそのままの油です。

普段はボトルサイズでお値打ちなものを購入していますが、これは手のひらサイズで使いやすいです。生食用と謳われている通り、食卓で手軽にかけられるのが便利。ホットケーキのバター代わりに使っても食べやすくて美味しかったです。でも、義母は「あっさりしすぎているのでバターの方が良い」との意見だったので、これも好みかな? トーストにレタス、チーズ、生ハム、ブロッコリーの新芽を乗せて、オリーブ油をかけるのも有り。

時々苦味のあるオリーブ油に当たることがありますが、これは癖がなく、生食で食べやすい。フレッシュキープボトルを使用しているので最後まで空気に当たらず、酸化しにくいので健康的。ぎゅっと握って少しずつ出せるので、小さなお子様でもかけ過ぎ防止に良いと思います。生食ではないですが、オーブンでカツや唐揚げを作るときに、少量の油をかけるのも出しすぎず便利。

オリーブ油は加熱しても酸化しにくく、悪玉コレステロールを減らす効果があると言われるオメガ9系脂肪酸が含有された現代人に嬉しい油。少量ずつ無駄なく使えるので、これは良いと思いました。