家計を整理するために、まずはお財布を作ってみる。

もう少しお金に余裕を持ちたい。

子供の進学費と、老後の生活費と、そろそろ買い替えな電化製品と。それから、余裕ができたらお義母さんと、実家の両親や弟夫婦にお礼の何かを贈りたい。

でも、収入は上がらず、本当は分かっていたはずの急な出費にあたふたしている。

最近は家計の整理情報を雑誌や生活アプリ等でよく見かけます。

そう。収入が上がらなくても現在の支出を整理すると、割と無駄なものが出てくるという話。

そうだよね。気付かず「このくらいならいいや」が積もって来ているんだよね。(汗)

だから、まずは毎日の出費を書き出すこと。今日いくら使ったか、数字で見ること。

これが、なかなか続かない。

続かない原因は、多分これ。

1.お財布の中身を広げる余裕がない
2.お財布の中にレシートを貯めるスペースが大きい

面倒臭がりだから、いちいちバッグからお財布を出すことを怠けてしまうんですよね。そして、レシートが溜まっても入る場所があるから、後回しでも問題なく思ってしまう。

これをクリアするには、毎日確認したいお財布にすることが一番の近道! と、何だか急に思い立ちました。

長財布はお金を貯める、という風水を信じて、「牛革で長財布」を二年間持って見ましたが、ズボラな私はお金ではなくレシートを貯めてしまうだけで、さらには空でも重く、持ち歩きにストレスを感じていました。

そう。私が持つお財布は、軽くて小さい方がいい。中身も少なくして、あまり現金を使わないようにしたい。そして、出来ればシンプルで、長く使えるものがいい。

ということで、お財布、作りました。

直感で「お金が溜まりそう」な明るい色の牛革で、金ボタンを付けました。

お札もレシートも少ししか入りませんよ? 小銭もね。今度は入れすぎるとストレスです。
だから多くは持ち歩けません。(主にレシート)
だから使ったら整理をしなくてはいけないよう、自分を追い込めます。
中身が増減するのがストレスで、ほぼカード払いですが、レシートの数も減らしたい。
カード払いはオトクな日を狙うので、全体的に支出は減ったと思います。

でも、好みの色合いが嬉しくて、何度も見てしまいます。おかげで支出の書き出しは続いています。

持ち続けていたカード類も厳選しましたが、全く不自由はしていません。

どれだけ余分な荷物を持ち歩いていたことか。お財布の重さが半分になりましたよ。お店のポイントカードも電話番号を伝えれば付けて貰えるところばかりだったし。

バッグが随分と軽くなりました。(≧∇≦)b

【追記】

必要なカードだけ持ち歩くことにしたら、必要な時に必要なカードを忘れていることが頻繁に起きました。普段買いのカードはいつも持ち歩く必要がありそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください