レシピ本の常備菜を作りました(認知症予防)

9月25日に作った常備菜。(→100歳まで・・・
豚肉の酢醤油煮と、切り干し大根の酢漬け。半分使いかけですが。本のレシピ通りに作って、セリアで購入した白いタッパー(800ml)にピッタリの量でした。
切り干し大根の酢漬けは少しづつ使っていますが、豚肉の酢醤油煮はメインに使ったので4人家族で2回分。
1回目は本に書かれている通りに水菜と合わせてサラダ風。2回目はラーメンにトッピング。
コレステロールを落としたいのにラーメンは良くない気がしますが、ラーメンを食べたい若者がいるので具材たっぷりにしました。(キャベツともやしと豚肉の酢醤油煮)
義母も「具材がたくさん入っていると美味しいね」と言ってくれましたが、その後、「この肉は酸っぱいから黒毛玉(我が家の犬)には上げられないね」と評価。

え、、、確かに酢は使っているけど、そんなに酸っぱい???
リンゴ酢とか、平気で舐める黒毛玉ですが、義母にとっても酸っぱかったのかしら???
「酸っぱかったですか」と聞けば、「うん、酸っぱいでしょ」と回答。
うーん? 失敗作とみなされたのか、ただ単に酸味のある部類と評価されたのか。。。
しつこく聞けないので、義母のお口に合ったのかどうかが判定不能。

私には酸っぱさは感じられず、主人も「酸っぱくはない」。酸っぱいおかずがNGな息子も普通に食べていたので、それほど酸っぱいおかずではないと思うのですが。

まあ、作りやすかったのでまた作ります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100歳までボケない常備菜で10分レシピ [ 白澤卓二 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/9/25時点)


100歳までボケない常備菜を今度こそ続けてみる

義母の検査結果があまり良くなかったようなので、久しぶりに健康食の本を引っ張り出してきました。しばらく適当すぎる食事を出していたので、ちょっと反省。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100歳までボケない常備菜で10分レシピ [ 白澤卓二 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/9/25時点)


血糖値やコレステロール値が高かった、ということなのですが、認知症の検査をしてもらいに行ったはずで、言っていることがイマイチ理解できません。
指摘すると「そうだよ! 〇〇だから○○で・・・」と、今まで言っていたことはなかったかのように、というより、こっちがそう間違っていたかのように話が変わる。

面倒なので、私の中ではその話はなかったことにします。

とにかく、血糖値とコレステロール値が高いらしい。
義母はそんなに間食はしない人なのですが、私が甘党なので、食事が自然と甘くなっているせいかもしれません。ちゃんとレシピのある料理を作ろう。。。
あとは酢、かな。酢を摂らせるようにすればいいかな。

本の中で、豚肉の酢醤油煮と、玉ねぎの酢漬けと、切り干し大根の酢漬けが目に留まりました。

材料を準備して、玉ねぎの酢漬け以外は作り置きしたので、明日から毎日、お酢を使った料理を出すつもりです。

お口に合うといいのですけどね。

 

 

電子書籍もいいかもしれない

読んでみたい本が電子書籍しかなかったので、今更ながらですが初めて電子書籍を購入しました。無料のスマホアプリやウェブサイトで漫画や小説を読むことはありましたが、ポイントを経由せずそのまま購入するのは初めてです。

今回登録したのは「ハイブリッド型総合書店honto」。電子書籍も紙書籍も扱う本屋さんです。丸善・ジュンク堂書店・文教堂という大手の書店が実店舗となっていてポイントも共有できるので、紙派の人でも入りやすいのではないかと思います。(かく言う私も、丸善で購入した際に作っていただいたポイントカードから「honto」を知り、試しに買ってみた一人です)

 電子書籍のメリットデメリット

今まで電子書籍を買わなかった理由には、こんな要因があります。

  1. 表紙画像だけではどんな内容なのかよくわからない。
  2. 選択肢がたくさんありすぎて選べない。
  3. 画面が固定されるので読みにくい。
  4. スマホの使用容量が圧迫される。
  5. レシピ本を購入した場合、スリープモードが面倒くさそう。
  6. 回し読みや譲渡ができない。

1.表紙画像だけではどんな内容なのかよくわからない

もちろん、実店舗で本を探す場合も、表紙が一番目を引きます。
漫画の場合はほとんどフィルムで包まれているのでネット通販や電子書籍でも変わりないかと思いますが、実用書や参考書は書き方なども気になります。読みやすい文面か、絵や図などがわかりやすく入っているか、欲しい情報であるのか。
なので、一度は手に取ってぱらぱらと内容を確認したい。こっちの本とあっちの本と、内容を見比べたい。
電子書籍だと試し読みができない本の方が多いので、そこがちょっと不便。でも、人気の本にはたくさんのレビューがついているので、他の人の意見を取り入れることができます。(これはネット書店のメリットですね)

2.選択肢がたくさんありすぎる

これは電子書籍になっていない本も含まれてしまうのですが、ネット上の書店は商品を置く場所の制限がないのでたくさんの取り扱いがあります。それゆえ、優柔不断で欲しい本が決まっていない場合には迷いに迷った挙句、買わずに終わることも多々あります。
店頭だったらその書店お勧めの本が平積みになっているので、選択肢も狭まり選びやすいのですが。。。その人の閲覧履歴からおすすめの本が表示されるので、ある程度は絞られてみることもできますが。
もっとも、店頭で見ることのできなかった本も知ることができるので、選択肢が広いというのはメリットではありますね。(これもネット書店のメリットですね)

3.画面が固定されるので読みにくい

少し戻って見たいときに、紙の書籍ならパラパラと捲りながら図や色などを手掛かりに大体この辺りと目星をつけることができますが、電子書籍ではそれができません。スマホの画面は小さいので小さな文字が見えにくく、拡大すると全体像が見えなくなります。パソコン画面は大きく見えますが、好きな場所や好きな体勢で読むことが難しくなります。付箋をぺたぺた貼り巡らせることもできません。
ですが、電子書籍は暗いところでも読めますし、全体像が見えなくなっても拡大ができるのはこれから遠視が進んだとしても便利に使えます。特にスマホは寝る前に少しだけ読むのにとても便利。
ページを開いて一目瞭然ではありませんが、hontoではマーカー機能やコメントの入力もできますし、分からない単語があればそのまま辞書検索も可能です。

4.スマホの使用容量が圧迫される

スマホではアプリをダウンロードして、その上で購入した書籍もダウンロードして読みます。なので、いつも不足気味なストレージを圧迫するのは確実。でも、hontoではSDカードへのダウンロードも可能となっているので、少しは圧迫を抑えられそう。

5.レシピ本を購入した場合、スリープモードが面倒くさそう。

スマホでレシピサイトを見ながら料理をしていると、大体次の工程に移る前にはスリープモードに入っていて、毎回端末パスワードを入れないといけない状況に陥ります。電子書籍も同様なら、レシピ本には合わないかなと思っていましたが、電子書籍のアプリによってはスリープモードに移らないようですね。hontoはどうやら5分間はスリープ状態にならないようです。それなら、次の工程までそのままでいてくれるかも。

6.回し読みや譲渡ができない。

紙の書籍なら読み終わった本を友達に貸したりもできますが、電子書籍はそれができません。持ち主が亡くなったとしても、相続ができないようです。※購入時にギフトとして送ることは可能です。自分は読めませんが。
クレジットカード情報も登録されるので注意が必要ですが、端末登録は5台までできるので、家族間であればアカウントを共有するのも有りかも。ただし、紙の書籍の購入時でもポイントカードを提示したらマイ本棚に並んでしまうので、何を買ったのか家族にばれます。

 

以上を纏めると、電子書籍のメリットは下記の通りとなります。

  • 暗いところでも読める。
  • 文字を拡大できる。(hontoは書籍によって異なるようです)
  • マーカー機能やコメント機能が使用できる。
  • 分からない単語はドラッグしてそのまま調べられる。

それから、以下のメリットも追加。

  • 紙の書籍より安い。(hontoは紙の書籍を買っていると同じ書籍の電子版が半額となるようです)
  • 場所を取らない。
  • アカウントを共有しなければ、秘密にしたい本もこっそり買える。

 

 hontoを使ってみて

買ってみたのはノンフィクションの一般書。文章だけなので、特にストレスなくスマホでもパソコンでも読めました。ただ、スマホの場合、ピンチアウトで拡大できればいいのだけれど。落とした書籍によって使い方が少し違うようなので、もう少し確認が必要かも。
実店舗とネット書店。共通のポイントが貯まるのは嬉しいところです。

 hontoお得情報 2002年7月12日現在

  • 新規会員登録で、電子書籍の30%OFFクーポンがもらえます。
  • その他、出版社ごとの割引クーポンがもらえます。
  • 予約・雑誌の定期購読申込みで50ポイント進呈。(7月19日まで)
  • レビューを書いて5ポイントもらえるキャンペーン。(7月31日まで)

その他ポイント5倍キャンペーンありです。※エントリーの必要あり。

実店舗をよく利用される方にお勧めです。

来年のカレンダーのためにサンキュ!を購入しました

冷蔵庫脇に掛けるカレンダーは、いつも雑誌の付録を使っています。サンキュ!かESSEがお気に入り。サンキュ!は雑貨、ESSEは料理、というのは決まっているのでしょうか。今年もESSE11月号の付録カレンダーは料理だったようです。

雑誌の内容はいつも同じような雰囲気ですが、今回はとても惹かれる記事がありました。「貯蓄が2倍になる方法」も気になりますが、「40代の身体の悩み」がとても読みやすく、専門的な深い内容ではないのですが、「そういえばそうそう!」「そんな気がしてた」といった事例がいくつも。少し前に買ったサンキュ!は、「あれ? 私が買うには若すぎる内容?」と思っていましたが、今月号はピッタリ合います。

あとは小掃除リスト。この時期の雑誌は大抵特集をしていますが、簡単にまとめてあったので最低限これだけやろう、という気になりました。

今回は私の欲しい情報に合っていて、買って正解でした。

 

 

計画下手が始める来年の手帳

あっという間に11月になってしまいました。
年末まで残りわずか。
去年はまともに大掃除をしなかったので、今年はしっかりやりたいと思っているところです。

そのためにはまず、計画を立ててみようと思いました。
とはいえ、今まで立てた計画がそのように進んだことがありません。

そんな時、近所の書店でこんな本を見つけました。

マンガでやさしくわかる中学生・高校生のための手帳の使い方 [ NOLTYプランナー ]

価格:1,404円
(2017/11/3 07:11時点)
感想(0件)


丁度、高校受験生の息子がいますし、名目上息子用として購入しました。
もちろん、そっと差し出しても拒否されてしまったので、私が読みました。

これなら何とか出来そう?

文章もありますが漫画でも説明されているので、漫画好きには理解しやすい。
受験勉強とフルートの練習を両立しようとしている女の子がモデルとなっていますが、家事育児に趣味の時間と置き換えても良さそう。

普段から手帳を使いこなしている人や、元々計画を立てることが得意な人には当たり前なことかもしれません。
でも、計画を立てて順にこなしていくことが苦手な人間にとってはとてもためになる内容と思います。

まずは手帳を持ち歩くこと。
何かあれば書き込む癖を身につけること。
1日三回は手帳を開くこと。

簡単なことから初めて、起床時間や就寝時間など生活習慣の記録、わかっている予定やその日にやったこともとにかく書き込む。
そうすることによって自分の時間の使い方が見えてくるので、無理のない時間帯に予定を組むことが出来るようです。

紹介されている手帳は月間スケジュールと週間バーチカルが1冊になっているもので、私は先日100均のセリアで似たようなものを購入しました。
ただ、1月始まりなので、年末年始のスケジュールには間に合いません。
年始年末用には月間スケジュール帳を別途購入しました。

とにかく、書くことからはじめたいと思っています!