小豆を茹でて小倉マーガリン

今朝は昨日に引き続き、ダイズラボ大豆粉と米粉の食パンミックスを焼きながら、小豆を茹でています。食パンが2時間、小豆が1時間半くらいかかる予定なので、丁度良い時間だと思います。本当は練りこみたいのですが、小豆は朝起きてから思い立ったので、7時~7時半頃に仕上げるつもりなら間に合いません。練りこみはまた後日。

使用するのはいつも近くのスーパーで一番お安い北海道の小豆。1袋250g。今回は税抜309円。他に必要なものは同量のお砂糖。きび砂糖250gを用意します。

小鍋に小豆と3倍以上の水を入れて、強火で沸騰させたら一度ゆで汁を捨てますが、小豆汁って中性脂肪やコレステロールを下げる効果があるそうですね。残しておいても誰も飲まないので捨ててしまいますが…。

再び水を3倍以上加えて沸騰したら中火~弱火にして柔らかくなるまで煮ます。今回は落し蓋をしてみたのですが、なぜかすぐに小豆に埋もれてしまう。落し蓋が小さいのでしょうか。

中火~弱火で1時間半ほど茹でますが、火が弱すぎるとなかなか茹であがりません。2時間以上かかっても。。。お湯がことこと動く程度の火加減が一番おすすめです。

あくを取りながら1時間半茹でて、小豆が柔らかくなったのでお砂糖を投入します。一度に入れると固くなってしまうことがあるそうなので、3回に分けて煮溶かします。

しばらく冷まして、焼きあがった食パンにマーガリンと合わせて乗せるのですが…

糖質オフの食パンに糖質をプラスして食べる。

何か、無意味な気がしてきました。

でも、小倉マーガリンは美味しいので食べます。

 

 


マルコメさんのダイズラボ大豆粉と米粉の食パンミックス

モラタメさんで小麦粉不使用の食パンミックスを見つけて、とても気になったので購入しました。大豆粉と米粉を使用しているのでグルテンフリー、糖質30%OFFの食パンになるようです。(冷や汁と米麦合わせ味噌もついていました)

大豆粉と米粉の食パンミックスはホームベーカリー専用の粉なので、2年以上放置していたホームベーカリーを引っ張り出してきました。ナショナルさん2006年製造のホームベーカリー。狂っていた時計を設定しなおし、一通り拭き掃除。さっそく食パンを焼いてみます。

しっかり乾かして、羽根がはまっていることも確認。たまに忘れて失敗することがあったので、ここは要チェック。

必要なものは水とドライイースト。ドライイーストは1袋に対して3g。3gに小分けされたものも売られていましたが、g単価が安いので、ついついお徳用を買ってしまいます。でも、毎日作らないなら3gの方が鮮度良く使えてよかったかも?

粉は少し黄色っぽく、袋を開けた瞬間、きな粉の香りが漂いました。大豆粉ですからね。そしてうっかり間違い。作り方に、粉と水とドライイーストを入れると書かれていたのでついそのまま入れてしまいましたが、ホームベーカリーの蓋にドライイーストの入れ口があることを忘れていました。

そうだった。ドライイーストは途中で自動投入されるんだった! 

ちゃんとできるか、少々不安になりましたが、入れてしまったものは取り出せません。

早焼き専用なので、2時間。まずは焼いてみます。

一時発酵時に除いてみると、通常のパンのようなまとまりがなく、とろとろしていてかなり不安…。二次発酵時もあまりまとまりがなく、かなり不安。ドライイーストも先に入れてしまったからかなあ?(汗)

 

でも、ちゃんと焼きあがりました!!

良かった!!

袋にも「小麦粉を含むパンよりも膨らみは少なめになります」と書かれていたので、真ん中がへこんでいますが仕様のようです。

取り出すときに釜にしっかりくっついてしまって苦労しましたが、シリコンのへらがあると便利です。

左の写真にあるピンクと白のシリコンのへら。先が曲がるので、釜の底にくっついている生地の隙間にも入り込めます。(100均製) ※焼きたては釜が熱すぎるので溶けます!

 

早焼きで焼くので、タイマー設定は使用できません。なので、朝7時に食べたいなら5時に焼き始めるか、前日に焼いておく必要がありますね。

出来上がったパンの耳はかりかりと固め。中はふんわり柔らかく仕上がりました。ホームベーカリーなので羽根の穴は開いてしまいますが、味は良かったです。米粉ですね。

次はドライイーストを間違えないように気を付けます。

 

 


送料無料のハードルが低いのでお勧めなお店です!

キッチンクリアマット(60×240cm)を購入しました

いつもはふかふかしたキッチンマットを使用していますが、今回初めて塩化ビニル樹脂製のクリアマットを購入してみました。ふかふかタイプは時々洗濯をしたいのですが、マット系は服類とは別で洗濯をしたいので、ついつい後回しになってしまいます。なまけ癖のある私には、いっそのこと洗濯をしないマットが良いのではないかと常々思っていましたが、雑誌などで見かけて、こういったマットでもよいのかと思い購入しました。

敷いてみて、気づいたこと。

・巻物上に巻いて届いたので、縁がくるっと浮き上がってしまう。

→一度反対に巻きなおしてもなかなか伸びないので、敷いたばかりは高齢者の方などつまづきやすいかも。しばらくの間、四隅に重いものを置いて伸ばすと良さそう。(現在伸ばし中)

・ふかふかマットと違ってひんやり

→冬場はスリッパが必要。

・開封後、ちょっと臭う

→一晩放置で気にならなくなりました。

メリットとしては、何かこぼしたときにすぐに拭きやすいことと、洗濯機に入れなくてよいこと。それから、お皿など割ってしまった時も毛がないので処理しやすいこと。裏が滑り止めになっている動かないこと。

60×240cmを購入したのですが、数センチ足りず、もう少し長いものを購入してカットしても良かったかも?

 

また、縁が馴染んできたときに追記したいと思います。

 

【追記】

丸まった縁は裏からドライヤーで温めると伸ばせます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キッチンクリアマット 60×240cm 1.5mm厚 CFM-2460 クリア …
価格:3044円(税込、送料無料) (2019/11/28時点)

手軽にたんぱく質の摂取/SARAYAさんの毎日飲むたんぱく習慣

スーパーで見かけて気になっていたので、モラタメさんで毎日飲むたんぱく習慣を購入しました。ミルメークのように牛乳に溶かして飲む粉末ドリンクです。

本格的なプロテインほど摂取できるものではありませんが、アスリートではないので、毎日の食事にプラスする感覚でよいのではないかと思います。摂取できるたんぱく質は1袋当たり5.4g。牛乳100mlに混ぜた場合は8.3gになるようです。

ミルメークを意識していたので小袋が入っているつもりでしたが、一袋で1回分。100mlの牛乳に混ぜるので思ったより少量になります。とっても甘いので、牛乳を倍にしてもよさそう。とっても甘いですが、人工甘味料も砂糖も使用しておらず、使用されているのはラカンカ抽出物とソーマチン。糖質制限で有名な自然派甘味料のようです。少し独特な甘さを感じます。少し粘り気のあるような甘さ、というのでしょうか。粘り気はないのですが。まずはイチゴ味を飲んでみたのですが、イチゴオレのような味わいです。

この商品で気に入った点は

  • 人工甘味料不使用
  • 常温保存(牛乳は冷蔵ですが、常駐は1本でいいので)
  • 子供でも飲みやすい

手軽に始めるなら丁度良い商品と思いました。


年末に向けてのお掃除記録

もうすぐ11月も終わろうとしているのに、片付けや掃除がなかなか進んでいません。ブログに記入することで進むと思っていたのですが、分かっていたことなのですが、画像をつけるところがかなりのネック。

画像、合った方が後々の確認になりやすいのですが、無理にはつけない。そう、決めました。。。

 

昨日は、先日届いたミセスマイヤーズ クリーンデイを使って出勤前に洗面所を少しだけ掃除。お風呂のドア全面と、洗面台、床、そして洗濯機を拭き上げました。特に洗濯機はまともに掃除をしていなかったから、蓋の折れ曲がるところや持ち手の中、水道のホース、様々なところに汚れが溜まっていましたが、すっきりきれいになりました。

スプレーを吹きかけて拭くだけなので、数分で終了。内側のこびりつきは出勤前の時間だけでは足りず、後回しです。キッチン&マルチクリーナーを使いましたが、ここはビネガージェルクリーナーの方がいいのかな? また後日、掃除をしてみます。



糖質オフなカレールー/マルコメさんのダイズラボ 大豆粉のカレールー

大豆粉のカレールーだというので、とても気になってモラタメさんで購入しました。画像がゆがんでしまいましたが、『国産大豆使用でグルテンフリー ヘルシーで糖質offなカレールー』と書いてあります。マルコメさんは味噌のイメージだったので、とても気になりました。

ヘルシーなので味が薄いのではないかと思いましたが、10代の息子は「いつものカレーよりココイチっぽい」と好評価。(いつものカレー、野菜が多すぎてイマイチらしいです。もちろん、こちらも野菜を入れたのですが)

いつものカレーよりまったりした甘さがないというか、同じ中辛でもコショウのような辛さが強め。あ、二段熟カレーよりジャワカレー寄りな辛さかも。小麦粉の代わりに大豆粉を使用しているので多少食感が変わるかと思いましたが、普通にいつものカレーのようにとろみのある食感でした。

粉なので、分量も好きなように変えられて便利。

10代の息子はまだ糖質offの必要がありませんが、大豆嫌いなのでこれも良いかもしれません。

 


ハーブの香りでいつものお掃除/ジョンソンさんのミセスマイヤーズ クリーンデイ

モラタメさんでミセスマイヤーズ クリーンデイを購入しました。いつもは「水だけで汚れが落ちるスポンジ」とか「キッチン用お掃除シート」とか、ひどい汚れには「マジックリン」などを使っていますが、時々、ハーブの香りに惹かれます。その上で、なるべく自然由来のものを使用している商品は魅力的です。(もちろん、完全に自然の成分のみといったものは難しいですが…)

届いたのはキッチン&マルチクリーナーのレモンバーベナ、ラベンダー、ハニーサックル、ビネガージェルクリーナーのレモンバーベナの4種類。

キッチン&マルチクリーナーはスプレー式で、対象物にシュッとして乾いた布で拭き上げるか、乾いた布にシュッとして拭き上げるか、とにかく、乾いた布で拭くだけ。冷蔵庫やレンジにも使いやすそうです。もちろんキッチンだけでなく、水がしみこまない床・壁・戸棚・浴槽・鏡など、様々なものに使用できます。同じ用途で香り違いが購入できなかったバジルを含めて4種類。まずはレモンバーベナを使用してみましたが、青っぽいレモンのような葉っぱのような爽やかで清潔な香りがして、心地よく拭き上げができました。ラベンダーは落ち着いた香りですが、少し酸味を感じました。オレンジ果皮油も入っているようなので、その香りでしょうか? ハニーサックルは少し甘い香りのような気がします。3種類とも好みの香りです。レモンバーベナでキッチン、ラベンダーで洗面所と廊下の床を、ハニーサックルでリビングの床を掃除してみましたが、何となく、ラベンダーの香りが一番強いように感じます。リビングとキッチンはつながっているから、鼻が慣れてしまったのかもしれませんが。

ビネガージェルクリーナーはキッチン用中性洗剤のようなとろみのある洗剤ですが、合成洗剤のような泡立ちはあまりありません。とりあえずシンクに使ってみましたが、ステンレスと相性がいいようですね。水道がピカピカになりました。映り込みが何ともできなくて、画像がアップできないのが悔しいところ。浴室タイルにも効果的だというので、また使用したいと思います。

拭き上がりのシンクも床もさらっとして心地よく、香りもしばらく続くようです。

年末に向けてあちこち拭き掃除週間が続きそうです。

 

ほろほろふんわりそらまめのそぼろ/ひかり味噌さんのHARKIS®(ハーキス) FINLAND 野菜のそぼろ

モラタメさんでHARKIS®(ハーキス) FINLAND 野菜のそぼろを購入しました。フィンランド産そらまめのそぼろですが、野菜嫌いの食事に、ひき肉として使えないかと期待です。

届いたのはプレーンとエスニックタイプとメキシカンの3種類。まずはプレーンを解凍し、コーンと混ぜてみました。画像で見ると、ひき肉よりツナ缶の方が近い感じ?

箱についているレシピはサラダだったのですが、白米にまぶしてみました。結果は家族全員微妙だったようです。私はそうでもなかったですが、ドレッシングをかけたのが敗因でしょうか。

次はひき肉と偽ってオムレツの中に入れました。「そらまめ」と言ったら残す可能性大の息子が完食してきたので、だまされてくれたようです。

エスニックタイプはカレーマンの中身になりそうと思いましたが皮を作るのが面倒だったので、おもちに挟んでみました。これもありだと思います。

メキシカンでタコスを作ってみたかったのですが、トルティーヤが見つからず、作ればいいのですが面倒でパンにはさみました。

チンするだけで味付きのそぼろとして使えるのでとても便利。私は料理下手なのでこんな感じですが、きちんとしたレシピ通り作ればおしゃれな食卓が短時間で作れそうだと思いました。

フレッシュキープボトルで酸化防止/日清オイリオグループさんのBOSCOプレミアムエキストラバージンオリーブオイル

モラタメさんでオリーブ油を購入しました。我が家で使うオリーブ油では定番のBOSCO。エキストラバージンなので、精製されていないオリーブそのままの油です。

普段はボトルサイズでお値打ちなものを購入していますが、これは手のひらサイズで使いやすいです。生食用と謳われている通り、食卓で手軽にかけられるのが便利。ホットケーキのバター代わりに使っても食べやすくて美味しかったです。でも、義母は「あっさりしすぎているのでバターの方が良い」との意見だったので、これも好みかな? トーストにレタス、チーズ、生ハム、ブロッコリーの新芽を乗せて、オリーブ油をかけるのも有り。

時々苦味のあるオリーブ油に当たることがありますが、これは癖がなく、生食で食べやすい。フレッシュキープボトルを使用しているので最後まで空気に当たらず、酸化しにくいので健康的。ぎゅっと握って少しずつ出せるので、小さなお子様でもかけ過ぎ防止に良いと思います。生食ではないですが、オーブンでカツや唐揚げを作るときに、少量の油をかけるのも出しすぎず便利。

オリーブ油は加熱しても酸化しにくく、悪玉コレステロールを減らす効果があると言われるオメガ9系脂肪酸が含有された現代人に嬉しい油。少量ずつ無駄なく使えるので、これは良いと思いました。

 

 

焼くだけで朝ごはん/スイスの家庭料理ロスティ

朝ごはんが美味しく簡単に出来そうなので、モラタメさんでお試し購入しました。

ロスティは薄く刻んだじゃがいもを固めて焼く料理で、レシュティとも言うそう。スイスの家庭でよく食べられているのだとか。

皮を向いて刻むのが大変そうですが、レトルトパウチ品なら簡単!

ーーーと思ったのですが。

ひっくり返すのが難しい(汗)

大きなお皿を当ててひっくり返すのですが、フライパンにつけても大丈夫そうなお皿がなく、代わりに蓋を利用すると蓋の端が平らではないので引っかかって崩れてしまう。

なので、オーブンで焼きました。

200度オーブンで約40分。

もう少し温度は高くてよかったかも。

じゃがいものビタミンCは熱を入れても失われないそうなので、簡単に食べられるのならどんどん作りたい。

次はじゃがいもの皮むきからやってみようと思いました。