名古屋のお隣春日井市はサボテンが特産品|お菓子にアイスにラーメンにサボテン

名古屋のベットタウンと言われる春日井市。
結婚前まで住んでいたのですが、実は、実生サボテンの生産量が日本一だと知ったのは、春日井から離れた後のことでした。
子供の頃から節約志向だったので、あまり周りを見ていなかったのかもしれません。(周りを見ると欲しいものが増えてしまうので)
それでも、自分の住んでいる町のことくらい、もっと知って置けば良かったと思う今日この頃です。
だってサボテンが食べられるなんて、とても興味深いではないですか!




そうです。春日井市のサボテンはサボテンそのものとして出荷されているだけではありません。
春日井市の商工会議所が発足した春日井サボテンプロジェクトによると、洋菓子和菓子、アイスにラーメンと、様々な食品に使われているようです。

もちろん、食用に向き不向きのサボテンはあるようです。
中でもノパルサボテン(ウチワサボテン)は生活習慣病の予防や改善をする働きがあるそうです。

食材の栄養価などを紹介している旬の食材百貨さんによると、ウチワサボテンの効能として下記のように書かれています。
”主なものは糖尿病予防や改善、コレステロール値改善、免疫システムの強化、消化不良の予防、 胃壁の保護、便秘予防・解消、整腸作用、ダイエットの補助などの他、心臓強壮作用や動脈硬化の予防、更にはアレルギー症状の改善や口臭予防などにも効果があるとされています。”

なんだかとても魅力的です。

ラーメンや餃子も気になりますが、今回は手始めに御菓子処美濃屋本店さんのサブレを買ってみました。

さくさくと優しい味で、何とな~くサボテンの清涼感を感じました。
特別サボテンらしい味はなかったので、初めての人にも受け入れられる美味しいお菓子でした。
店頭では「お子様に人気!」とポップアップがありました。

また、春日井に行くことがあればサボテンラーメンに挑戦したいところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。




あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。
今年2018年は平成30年、干支は戊戌(つちのえいぬ)となります。
天皇陛下が2019年の4月30日に退位されるとのことなので、平成はあと一年ちょっと、となりますね。

今年の干支である戊戌。
一般的に戌年と表現されますが、それは十二支で言うところ。
干支として正しく言うのなら、十干の戊と十二支の戌を合わせた戊戌となります。
絵とは年毎に十干と十二支をローテーションしながら組合わせ、60年で一回りします。

十干(じっかん):甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
十二支(じゅうにし):子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

十干も十二支も偶数なので、合うことのない組み合わせもあるので、全部で60通りとなるようです。

また、陰陽五行説によると十干にも十二支にもそれぞれに木・火・土・金・水の意味合いがあり、戊戌はどちらも土の陽の意味があるそう。
「土」には変化を表す意味もあり、重複した土なので、良いことはより良く、悪いことはより悪くなるのだとか。

今の状態を良くしたいと思っているなら、変化に勢いのある今年は良いタイミングのようです。

ここしばらくブログの更新が滞っていましたが、今年は2~3日に1回は更新できるようにしたいと思っています。
皆様に良い変化が訪れますように!

最後までお読みいただきありがとうございました。