おしゃれに心地よく大掃除|ダスキン「くらしキレイBOX」カビ・ぬめり取り剤

前回の記事に引き続き、ダスキンさんの「くらしキレイBOX」「カビ・ぬめり取り剤」を早速使ってみました。

この日のために時間をかけて用意していた汚れを落とそうと思います。

・・・嘘です。

放置しすぎて自生した汚れになります。
お目汚しですので、排水口の黒カビ画像が大丈夫な方のみスクロールしてください。




・・・・・・

大丈夫ですか?

それでは。

ゴミ受けに溜まるゴミは毎回捨てていますが、その下はなぜか後回しにしてしまいます。
毎日掃除をしていれば大掃除の必要はないと分かっているのですが。。。
今後はゴミ受け下も最終チェックを怠らないようにしたいと思います。

さて。数日間も放置してしまうと、こすっても落ちない黒カビが発生、増殖してしまいます。

朝一番に手を洗った水が流れただけでやや乾燥気味だからか、歯ブラシでこすっても黒カビは張り付いたまま落ちません。
付属の「100%活用BOOK」にはキッチンの排水口は書かれていませんが、三角コーナーとゴミ受けを参考にしました。

まずはカビ全体を覆うように「カビ・ぬめり取り剤」を吹き付けます。
泡が壁面に残りやすいと書かれていましたが、確かに壁面に残っています。
壁に残っていられればいられるほど、カビへの効果は高まります。
どのくらい残っていられるのでしょうか。

浸け置きは5~10分と書かれていたので、まずは5分で確認。
画像では見えにくいですが、泡はちゃんと壁面に残っています。

10分後はちょっと泡は流れてしまったかな。
残念ながら、水を流すだけでは汚れは落ちて行きませんでした。
汚れを貯めすぎたせいかも。。。

古歯ブラシで少し磨いて汚れを落としました。
でも、力はそんなに入れていません。なでるくらいで黒カビは落ちました。

まだ何となく汚れが残っていたので再度挑戦!!
カビにコーティングされて泡が届かなかったのでしょう。

一回目より泡立ちが良い気がします。
もしかしたら、汚れ面は一度濡らした方が良いのかもしれません。
濡れていると泡が流れやすいかと思ったのですが、そうでもなさそうです。

5分経過・・・

10分経過。

古歯ブラシで少し磨きました。

今度はすっきり! 排水口が明るくなりました。
少し黄ばんでいた入り口部分もきれいになりました。

結論。汚れすぎの場合は数回繰り返し、擦る必要はありそうです。

でも、擦るのにそんなに力は要りませんでした。
黒カビになる前にシュシュっとしていれば擦る必要はないかと思います。

今まで酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使っていましたが、垂直面の汚れに粉を振りかけるのは難しく、使いすぎてしまうことが多くありました。そして、うっかり熱湯を使って中の部品が少しゆがんでしまうという事故もありました。
お湯を準備せず、手軽にシュッとできるのは魅力的だと思います。
寝る前にシュッと吹きかけたいです。

そして、他の洗剤でカビ落としを試してみたお風呂場扉のパッキン部分です。
黒カビってやっぱり落ちないですね。

「カビ・ぬめり取り剤」を吹きかけて30分。
泡はちゃんとパッキン部分についていてくれたので、効果は発揮してくれたと思います。

黒カビはかなり薄くなりました。
活用BOOKにも「パッキンの内部に入り込んだカビには効果がないことがあります」とあったので、きっと内部に入り込んでしまったのでしょう。
これは仕方がないですね(涙)

「カビ・ぬめり取り剤」その他2本とも、持ちやすく、吹き付けやすいです。
使い終わったら詰め替え用を買ってみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。




おしゃれに心地よく大掃除|ダスキン「くらしキレイBOX」

刻々と年末が近付いています。
キッチン、お風呂場、トイレ等、水周りの大掃除はお済みでしょうか。
今掃除しても年末までに汚れてしまうし。。。
などと思ってしまいますが、長期に染み付いた汚れは落ちにくいので早めに落とし、年末は仕上げ程度に簡単に済ませられると良いですね。




そろそろ本気で始めなさいよ! という神の啓示か、昨日、モラタメさんよりダスキンさんの「くらしキレイBOX」が届きました。

すっきりとした花柄の箱に、「カビ・ぬめり取り剤」、「ガラスと住まいの洗剤」、「トイレ用除菌・洗浄・消臭剤」の3種のスプレー剤と、活用ブック、クロス1枚、BOX限定のスクイージーがコンパクトに収納されています。
贈り物としても想定されているためか、全体的にすっきりしていてかわいらしいです。
女性の手にも握りやすい細身のボトルは、色彩も落ち着いていておしゃれ!
見える収納としても、邪魔になることはないと思います。
中でも興味をそそられたのは「カビ・ぬめり取り剤」。
塩素系の漂白剤のようですが塩素補足剤が配合されているため、他の洗剤と混ざってしまっても有毒の塩素ガスの発生を抑えられるそうです。
安全面で酸素系漂白剤を選んでいましたが、塩素系でもこれなら安心して使えるかも。
年を取って注意力がなくなると”うっかり”が増えてくるので、実家のお母さんへのプレゼントにも最適なのではないかと思います。
!!!注意!!!
 体調のすぐれない方、心臓病・呼吸器疾患の方は使用できません。

「ガラスと住まいの洗剤」は、界面活性剤不使用で二度拭きいらず。
しっかり拭いたつもりでも残っているのではないかという不安から開放されますね!
拭き残しの”うっかり”も増えていそうだし、丁度良いかもしれません。

「トイレ用除菌・洗浄・消臭剤」はシトラス×フローラルの香り付き。
香りはきつくないので、個室に篭りながらのお掃除でも辛くないかも。

使用した感想等につきましては、別ページにて報告したいと思います。
(現在追加中!!)
「カビ・ぬめり取り剤」
・「ガラスと住まいの洗剤」・・・未使用
・「トイレ用除菌・洗浄・消臭剤・・・未使用

数量限定での販売で、ダスキンさんで2017年12月15日までに担当店で購入すると、プレゼントをもらえるチャンスがあるようなのでお早めに!

最後までお読みいただきありがとうございました。




お正月準備|お年玉用ぽち袋を手作り

あっという間に12月。年末年始が刻々と近付いています。
大掃除はなかなか進みませんが、100均で裏表の模様が違う折り紙を見つけ、ふと、ぽち袋を作ろうと思い立ちました。
お年玉を渡す相手が少ないのでセット売りされているお年玉袋は余るし、取っておいて来年使うのも縁起物だからどうかと思うし、1枚売りは贅沢な気がするので、作ったほうが楽しみもあってよいのではないかと折り紙を一袋購入。
表裏違う柄が8種類。渡す相手ごとに色を変えるのもいいかも!!

ということで、こんな感じに仕上がりました。
簡単なものですが作り方を紹介します。




1、まずは必要な道具。
定規、カッター、のり、切り台。
はさみよりカッターの方が切り口がきれいに仕上がります。
切り台は方眼のあるものが便利です。

2、切り台の方眼に合わせて、中心を5mmほど出たところに角を合わせて折ります。
折り目も方眼に沿わせるとまっすぐになってキレイです。

3、反対側も中心を5mmほど出たところに角を合わせて折ります。

4、4隅の角を落とします。
右側の辺は下から2cmとなる点、下側の辺は右から1cmになる点、その二点をつないだ線を切ります。

5、上下を折り曲げ、折り線をつけたら開けます。

6、開いたら4隅を切り落とします。

7、中心線と下のふたをのりで貼り付けたら完成!

この折り紙は中にも柄があるのでとてもかわいいと思います。
専用のお年玉袋より少し薄手になりますが、柄もあるので中身が透けることはありません。


好きなシールでデコレーションをしたらもっとかわいく仕上がります。

最後までお読みいただきありがとうございました!!