義母の謎行動・・・というか愚痴

家事を一人でこなしたり、義母のことを手伝ったりするのは別に迷惑には思っていない。だから、「全部やらせてごめんね」と言われても「いいんですよ」と答えるけど、そこで終わりなら本当にストレスは感じない。義母は慢性的に体調不良だし、元々私が全部やるつもりでいたから。(体調が良いときは、お風呂掃除や食器洗いなどはお任せしています)

ただ、中途半端に手伝おうとして、余計な手間を増やすことはやめてほしい。
片付けやすいようにまとめてくれているのはわかるけど、私には片付けにくい位置にまとめてくれるので逆に面倒。こっちを片付けてから取りに行くつもりなのに、先にあーだこーだと言われるとこっちもおろそかになるし、気もあせるし、本当に面倒臭い。
「これくらいやるよ」といいつつ後になって調子が悪くなれば、やらせた私が後悔するし、後悔するのが嫌だから早めにしないとって気が焦るのも高ストレスなのです。
気付かず追い立てていることを分かってほしい。(言っても分かってもらえない)

それから、現在行っていることをトレースするだけの助言をやめてほしい。
何か違うのかと思って無駄に手を止めてしまうし、「そうそう、そうすると良いんだよ」と、あたかも私が間違ったことをしていたのを義母が訂正したかのような言い回しをされるのがとても苛立ちます。(別件で「私が教えてやったことでしょう!」と叱られたことがあるので猶更。しかも本人は覚えていない)

親切心なのはわかるけど、「放っておいてください」と言っても、なかなか分かってくれないのが困ります。

あと、出勤時間に出る準備を始めると「もう時間だけどいいの?」と聞かれるのも苦痛。
今、出るところですよ。いつも通りの時間にね。遅れているわけはないんだから放っておいてください。
そして玄関まで見送りされるのも苦痛。
ごちゃごちゃと話しかけられて、途中でトイレも寄れやしない。玄関までに忘れ物に気付いても「そんなの忘れて大丈夫か」と記憶力の心配をされるのも苦痛だし、あれはいいのかこれはいいのかと干渉されるのも苦痛。(玄関までのお見送りは何度も断ってようやく減りましたが)
普段と違うことを始めると、こっちでやればいい、これがあるから貸そうか、なんでやめるの、気にせず続ければいいのに、出来上がったのか、またやってるの、それだったらこういうのがいい、と、なんだかんだと干渉されるのが苦痛。惰性でやっているのにハードル上げないで。

本当に放っておいて欲しい。好きなことは好きにやらせてほしい。

それでいて、私が息子に2回以上同じことを聞くと「しつこすぎ」と言うので、お前が言うのかと突っ込みを入れたくなることしばしば。

分かっているんですよ。シナプスの退化が原因ですよ。

その時の状況から脳神経が「こう返す」と判断するのだろうけれど、そこがちょっとずれてしまっているだけ。
私がやっている行動見て、それをそのまま脳が取り出した情報と取り違えてアウトプットしてしまうだけ。
時折、インプットされた言葉から、その状況に合わない情報を取り出してアウトプットしてしまうこともあるので、「そんなことするわけないじゃん、失礼な!」と思うこともあり。

本人が言うように、義母は「いい人」なんですよ。ただ、本人が言うので受け入れにくいのですけど、何かしてあげないとと普段から思っているだろうことはわかります。

因みに主人もカップ麺を作ろうとしているときに「お湯入れてあげようか」とか、「混ぜてあげようか」とか言われて、お断りしているらしい。

放っておいてくれる時もあるんだけど。特に今はコロナの影響で外出にも気を遣うので、干渉が酷くなっているっぽい。

私もそのせいかな。義母のそういった行動に、ちょっと気が立ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください