タティングレースを始めました。

フェリシモ定期便で「タティングレース ステップアップレッスンの会」を始めました。

タティングレースシャトルと呼ばれる船型の糸巻きに巻いた糸を使って、結び目を作ることでレースを形づくり、作品を仕上げる技法です。基本的にはシャトルに巻いた糸があれば編めるので、小さな作品なら移動先でも嵩張らず、リーズナブルに続けられます。そして何より、かぎ針編みのようにかぎ針が抜けてほどけたり、糸玉が転がって絡まってしまったりという不幸がないのも魅力。後者は1本で編むときは、と付きますかね。。。
一人時間に誰にも干渉されずに何かをしたい私には向いているかも。

さて。届いた袋を開封します。(画像左側の赤い模様の袋がそう)入っていたのは糸が2種類と説明書。画像に入っていませんが、イヤリングとピアスにするための金具もワンセット入っていました。【注意】シャトルは付属していません。そう。シャトルは別売りなので、注意です。私はダイソーで買った3個入りのシャトルがあったので、そちらを使いました。ちなみにフェリシモの別売りシャトルは琥珀色のクリアタイプできれいです。↓ダイソーのシャトル。他に青と白がセットになっていました。特に問題なく使えていますが、もしかしたら耐久性が違うかも?基本の編み方はフェリシモの商品ページに動画があるので割愛。
直線を編んで、ピコットを編んで、リングを作って、、、
かぎ針編みは引っ張る力で目の大きさが変わってしまいますが、タディングレースは一つ一つの結び目の位置が大事、かな? 空きすぎると変な位置にピコットが現れるし、ピコットの大きさがまちまちだし。
うーん。まずは一目一目を丁寧に!
絡まっては切り落として、ようやく1本、練習用図案が編めました。。。
↑練習を始めて2日目ですが、1日中編んでいたわけでもないのでこんな感じ。
均等に編むのが難しい。

また進んだら続きをアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください