ショルダーバッグのバッグ部分を作る

そうそう。Dカンを付けるベルトも必要。ショルダーストラップが15mm幅なので、このベルトも15mm幅で。余った革から15mm幅×12cmのベルトを二本カット。使用予定のカシメに合うハトメ抜き10号で穴を開ける。

革はバッグの口を下方向にしています。なので、マチになる部分にカシメをセット。

Dカンを通し忘れないように注意。画像の向きが上下変わりました。あ。蓋はコバホックで止めることにしたので、凸側はペンチで挟んでつけて、凹側はハトメ抜き8号で穴を開けています。金具の画像を撮り忘れました。

バネホック打ち小で凹側も取り付け。

一度はめてみる。丁度いい。

もう一度開いて、組み立てて重なる場所にボンドを付ける。そうそう。ボンドを付ける前に表から縫い線を付けて置くと楽。今回は忘れて貼り付け。

貼り付け。

先に線を付けるのを忘れたので、この状態で頑張って線付け。1cmの縫い代。

菱目抜きだと開けにくいので、菱目パンチで穴開け。でも、角はやっぱり開けにくい。

そして縫い付け。

蓋は好きなカーブで切りそろえて、取り合えずの完成!

この後、縫い代を短く切って、コバをしっかり磨きました。

仕切りも何にもないバッグだけど、気に入ってもらえるだろうか。

ラッピングしないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください